現社長の川端氏が社長へ就任後、同族経営から脱却し、トップダウン型の経営スタイルをやめてボトムアップ型の経営スタイルへ。

消費者の声や従業員の声を積極的に拾い上げながら「すぐやる」を実現し、商品の多角化を実現